前へ
次へ

歯がなくなる心配を防いでくれるインプラント

歯磨きをキチンとしてきたつもりでいつしか虫歯になり、一本一本と自分でない義歯が多くなって行くからです。
歯に関する大きな問題は、大人になった歯は一度抜けると二度と生えて来ないと言う不便さです。
そのため歯の抜けた所には、入れ歯と言った方法が取られ、抜けた個所をカバーして来ました。
ですがこの抜けた個所で使う義歯は、噛む力が弱くなる上、他の歯も犠牲にする必要が出てきます。
義歯自身では独立出来ないことから、隣の歯を削り、金具を利用して取り付けることになります。
取り外しは出来るのですが、金具などがあることから不衛生となってしまうことが多くなります。
不衛生と言うことは、歯周病や虫歯の原因になってしまい、決して良いものではありません。
そんな不都合を全て解消したのが、インプラントです。
この人工歯はアゴの骨に向かって埋めることになるため、見た目では本物の歯と見間違ってしまいます。
それほど精工に出来ており、一生使える便利があります。
インプラント治療は保険治療とはなりませんが、歯がなくなる不便さを考えた時には必要な治療方法と言って良いのでしょう。

Page Top