前へ
次へ

インプラントはどんな治療法なのか

インプラントは失った歯の補綴治療の選択肢の一つで、人工歯根を顎骨に埋入して固定させ、その上に義歯を設置することで自分の歯と同じようにまた改めて噛むことができるようになるという治療法です。
インプラントは自然場と同じような感覚で噛むことができるといわれ、歯周病などで歯を失った場合に選択される治療法です。
しかし、この治療法は保険外の自由診療の治療であるため、保険を用いることができずに全額自己負担になっています。
インプラントの価格は保険で入れ歯を作るよりも高いですが、その分、審美的な面でも優れており、きれいな歯を手に入れることができます。
しかし、雌雄病が悪化して歯を失った場合には、顎骨が吸収されており、なかなか根付きにくいということがあります。
そのような場合には骨造成を行ってから埋入してもらうことでしっかりと顎骨に固定することができます。
けれども、手入れを怠るとインプラント周囲炎になりますので、埋入後はメンテナンスをきちんとすることが大切です。

Page Top